2015.06.22

モリアオガエルの卵

毎朝の散歩の途中にモリアオガエルの卵を発見!(ソフトボールくらいの大きさ)

p1000683.JPG

カエルの卵と言えば、「ゼリー状の黒い点々がいくつもある」イメージですが、このモリアオガエルは、樹上の泡の中へ産み落とし、泡の中でオタマジャクシに孵(約7~10日)り水面へ落ち水中生活が始ます。

外敵から卵を守り、ちょっとでも多くの子孫を残すための工夫なのだそうです。

カエルの世界も「色々工夫しながら、生き残りをかけて進化してるな~」って思います。

経営も進化(革新)が必要ですよね。

私も、進化したいと思いました。

色々考えるキッカケにもなるので、朝の散歩 良いですよ~!

(旭 I)

Comments are closed.