2014.12.19

島根県の商工会の代表として

やさか共同農場にて

山陰中央新報による

持続化補助金の取組み取材。

島根県の商工会の代表として

持続化補助金で経営計画に沿った新商品開発について

佐藤社長からいろいろお話しを聞かせてもらいました。

dsc01566.JPG

実際2時間以上記者とお話しをしましたが

原稿になるのは500字程度だそうで

どんな風に記事になるのか楽しみです。

新聞に載るのは、来年の1月20日頃だそうです。

ちなみに僕も担当者として意見と顔写真も載るそうです。

散髪してて良かった~。

弥栄 I

 

 

2014.12.18

石州和紙ができるまで

これからの寒い時期、和紙づくりは繁忙期に入ります

雪が残る三隅町井野の楮畑において、和紙の原料となる楮狩りが行われました

img_0433.jpg

楮狩り初心者も指導を受けながら

img_0431.jpg    img_0432.jpg

こうして刈り取られた石州楮は、これからたくさんの工程を経て最も強靭な和紙となっていくのです

~和紙になるまでの工程をご覧ください~
和紙の製造工程

(三隅  A)

2014.12.12

受賞を市長へ報告

平成26年度むらおこし特産品コンテストで

全国商工会連合会会長賞受賞の報告をするために

やさか村ワタブンアートファブリック代表の河野さんと市長を訪問。

dsc01561.JPG

市長には、受賞した商品「キビソ肌友だち」の価値もしっかりPRさせてもらいました。

反対にもっとこうしようとアドバイスも頂き、大変感謝です。

市長訪問後は、部屋を移動して 

朝日新聞記者による取材。

朝日新聞の地方版にも載るのかな。

dsc01563.JPG

2014.12.08

お洒落なアート

会員さんのお宅へ行くと、趣味で作成したと言われた電球の傘が飾ってありました。

素材は和紙・タコ糸・ベースは風船。「アイディアが素晴らしい」のと、「なんて器用な方なのだろう」と感心してしまいました。

なんと お洒落な!!

p1010131.JPG

青い和紙を通した光が何とも言えない雰囲気です。

p1010134.JPG

御主人が作成されたのですが、作品を展示するのは奥様の役目だそうです。

今後はまた違ったアート作品を作成されるそうなので次回作を楽しみにしていてください。

(旭 I)

2014.12.05

トンネルを抜けると雪でした

dsc01558.JPG

弥栄の十国トンネルを抜けると雪国でした。

気温も0℃。寒む~。

朝から事務所の雪かきに精を出しました。(弥栄 I)