2014.05.30

収入印紙

街中を歩いていると郵便局員さんに呼び止められました。

印紙税のことを尋ねられました。収入印紙を販売するのに色々聞かれるみたいです。

特に、4月から印紙税が一部変わりましたからね。

たとえば、領収書の非課税範囲が、受取金額5万円未満のものまで拡大されています。(以前は3万円未満でしたね)

ご存知でしたか?

p1000069.JPG

局員さんから「商工会に聞けば何でも分かると思って」と言っていただき、声を掛けていただいたこともさることながら、商工会というところをそういう風に見ていていただいたことがとても嬉しく感じられました。

商工会だからこそできること。

これからも地域に頼りにされる存在でありたいものです。

2014.05.29

スマイル&ハート

スマイル&ハート。浜田医療センターの広報誌名です。

地域の中核的医療センターを意識してか、医療の話題だけではなく地域の情報も盛り込まれており好感が持てます。

今月号には、当商工会の会員さんが登場。表紙は、三隅の躑躅(つつじσ(^_^;))でした。

p1000067.JPG

「伝統を愛し、伝統にとらわれない精神」

家業を継ぐことにした若者の仕事に向かう真摯な姿勢が感じられます。

素晴らしい家族と一緒に「伝統を守り、伝統と未来に挑戦する姿」に胸が熱くなります。

仕事をするということ、生きるということ、感じて見てください。

<地域のホスピタリティを訪ねて>

2014.05.28

ケーブルテレビ

昨日、商工会青年部が地元のケーブルテレビに出演していました。

イベント告知です。緊張感も感じられましたが、その分、一生懸命さが伝わってきました。

地域の頑張りを、地域の方々に知っていただき、応援していただけるのは有難いことです。

p1000066.JPG 石見のまんなか神楽市

「石見のまんなか神楽市」は、神楽と食の饗宴。

地域食材を活かした「S1グランプリ」もお楽しみです。

S1のSって、石央?商工会?青年部?スペシャル?食?…。

さて今年はどんなメニューが登場するのか?

<石見のまんなか神楽市ポスター>

2014.05.27

ツバメの巣

今年も商工会館で、ツバメが巣作りを始めました。

そのうち○○が落ちてきて「今年もか~」ということになるわけですが、昔から「ツバメの巣は縁起が良い」と言われています。

「ツバメの巣のある家は幸せになる」とか「ツバメの巣のあるお店は商売繁盛になる」など。

p10000582.jpg 

いずれにしても渡り鳥であるツバメが数多ある場所の中で「最も居心地の良い場所」として選んでくれたわけですから光栄です。


玄関脇に落ちた○○のお掃除が気になるところですが、「商売繁盛」を祈って今年も温かく見守ることに。



2014.05.21

アルカリイオン水

明日は、石央商工会の総代会。今日は、会場準備でした。

テーブルの上には全国ブランドになった地元の名水。

純天然のアルカリイオン水として定評があります。

今回は、可愛らしさで人気の「しまねっこ」ラベルです。

p10000562.jpg   (アルカリイオン水

総代会は、商工会の一年の方針を決め、目標に向かって、会員と役職員が力を合わせることを誓う大切な会です。

明日は、お天気も良さそうですね☀ 良い一日になりますように。

2014.05.20

持続化補助金・締切迫る

「小規模事業者持続化補助金」の公募締切(5/27)まで、あと1週間になりました。

創意工夫による地道な販路開拓にかかる費用の一部が補助いただける制度です。

これまでにない補助金ということもあり、沢山のご相談をいただいています。

p1000057.jpg

パンフレット作成や新商品開発、設備の購入、店舗改装など、

単に経費を補助してもらうメリットを考えるのではなく、 新しいお客様を獲得するための取り組みや仕掛けづくりが重要です。

お客様目線で考えると効果抜群だと思います。

本当の経営力向上につなげるために知恵を絞るチャンスです。有効にご活用ください。

お近くの商工会へお急ぎください。     <持続化補助金>

2014.05.19

深山の桜

深山(みやま)の桜って、ご存知ですか?
私も気になり調べてみました。地名でも品種でもありませんでした。

❀ ❀ ❀

「あれを見よ 深山の桜 咲きにけり 真心尽くせ 人知らずとも」
~ これは、箱根にある石碑に刻まれている歌(作者不詳)だそうです。

❀ ❀ ❀

深山の桜は、深い山奥に咲いている桜のことのようです。

その桜木は、最初は小さく、誰も気づきませんが、
何年か、何十年かが過ぎ、やがてその桜を一目見ようと人々が集まるようになります。

初めは、そこに道はありませんが、
評判が評判を呼び、年を追うごとにだんだんと道ができ、
多くの人が押しかけるようになります。

❀ ❀ ❀

桜は、ただ淡々と咲くだけです。
本当に魅力があれば、黙っていても人は集まります。

今の時代、真の実力、真の価値が問われています。
だからこそ、他人が知ろうと知るまいと、真心を尽くせ。
ということなのでしょう。

2014.05.18

豆腐にかける想い

桜江町で作られた「深山の桜豆腐」を道の駅「サンピコごうつ」で見つけました。

後継者のいない豆腐屋~地元で愛され続けた味を守るために一人の青年が立ち上がり承継。地域への熱い想いが込められています。

sakuratoufu2.jpg

さて、当商工会地域でも豆腐作りが始まりました。

美人湯で有名な「美又温泉」がある浜田市金城町の「夢はち工房」です。

美又地区では、黒大豆や黒米などの栽培が盛んに行われており、この黒大豆を使ったお豆腐です。

商品は現在試作中、商品化されたら改めてご紹介します。

今後、美又温泉などとも協力し6次産業化の取り組みが期待されます。

「地域の想い」でいっぱいの取り組みを、「地域をあげて応援」したいものです。

2014.05.16

はるにれ

「はるにれ」ってご存知ですか?

ニレ科の樹木で、春に花を咲かせ、樹齢を重ねると大きく枝を伸ばした大木になるそうです。

花言葉には、信頼、交流、尊厳などがあるようです。

harunire-1.JPG

このたび浜田市三隅町に「心の里 はるにれ」がオープンしました。

サービス付き高齢者向け住宅と、デイサービスなどの介護サービス、医療が一つになった複合型の施設です。

敷地内には「はるにれ」が植樹され、「信頼、交流、尊厳」を大切にして、地域の暮らしとコミュニティを守る拠点施設を目指しておられます。

これから地域に根をはり、地域を支えて行っていただければと思います。

2014.05.12

ヤギも一役!

yagi

三隅川沿いの手すき和紙工房で働く一匹のヤギ

ひたすら草を食べるのが仕事で、その食べっぷりがみそめられ採用!!

長い歴史をもつ”石州和紙”の原料は、地元で栽培される良質の楮が使用されています

毎日忙しい職人さんに代わって、和紙の原料となる楮畑の草刈りを任されているのです

※石州和紙について⇒   http://www.sekishu.jp/kaikan/about.html